kahun 目のクマは花粉症で悪化すると言われる真実!原因と対策を覚えておこう!

花粉症の季節になると目が痒くて嫌ですね。

かゆいかゆい!!!

暇さえあれば、目をかいてしまう。
花粉症に慣れている方であれば、眼球が傷つかないように目の周辺をゴシゴシ、ゴシゴシと。。。

さらには夜もなかなか寝付けないし、起きても目が重たくて朝からやる気が出ない。

やる気が出ない中、やらなければならないメイク。
メイクをしようと鏡を見ると目元がなぜか赤黒くクマみたいに…!!!

なぜだ…。
しっかり寝てるし、寝る前にマッサージもしてる。

なのにこの仕打ち。

つまり、花粉症って目のクマの原因になっちゃうの?

そんな疑問にお答えします。

 

花粉症が目のクマの直接的な原因ではない

kahun 目のクマは花粉症で悪化すると言われる真実!原因と対策を覚えておこう!

結論から言えば、花粉症は目のクマの直接的な原因になりません

ですが、目の痒さに耐えられずかきむしってしまう行為が、目の周辺を黒くさせているのです。
さらに、かきむしることでクマの原因となっているのです。

ですが花粉症の時は目の周囲にクマができやすいのです。

この理由を順番に解説していきますね。

花粉症で目のクマができる原因4つ

1.目元のこすりすぎによる乾燥

花粉症の時に一番やってしまう行為、それは目元をこするですね。
目元をこすると目元に存在するわずかな水分を奪い取ってしまうのです。

そうなると、目元の乾燥の原因となります。

目元が乾燥すると黒いくすみができてしまったり、乾燥による小じわが密集し、結果として黒クマの原因となってしまうのです。

2.こすりすぎによる炎症

基本的に目元の皮膚は顔の皮膚と比較して約3分の1以下の薄さと言われています。
その薄さが原因となり皮膚の保湿に重要な皮脂や水分が少ないのです。

水分や脂が少なければ当然、摩擦力も大きくなります。
そんな部分を指でこすったら当然、炎症を起こしてヒリヒリする状態となってしまうのは当然です。

その状態は赤黒くクマのように見えてしまうのです。

3.こすりすぎによる色素沈着

目元に限らず皮膚をこすると色素沈着してしまいます。

女性でいえば、ブラジャーによる乳首のこすれで色素沈着がしてしまい黒ずみに悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

目元も同じです。
目元をこすれば、同じように色素が沈着してしまいます。
いわゆるこの状態が茶クマという状態です。

4.睡眠不足

花粉症の方は目がかゆかったり鼻がグズグズして夜眠れなかったりしますよね。
やっと寝付けたと思っても、すぐに起きてしまう。

そんな時は睡眠不足になってしまいます。

 

花粉症による睡眠不足が原因でできてしまうクマは2種類あります。

1つは、寝不足によりしっかりと休息が取れないため、目元の血行不良によりにできてしまう青クマ

もう1つは、寝不足により昼間に眠い目をこすってしまうことによる茶クマ。

 

睡眠不足はこのようなクマの原因が挙げられます。

花粉症だと尚更、睡眠不足の確率が高くなってしまうのです。

 

覚えておこう!!

「花粉症は目のクマの間接的な原因」になりえる!!

つまりあくまでも花粉症の際、目のクマの原因は睡眠不足やこするという行為であり、花粉が目のクマの原因となるわけではないということなんですね。

 

コンシーラーは逆効果

花粉症で目をこすりすぎて目の周辺が真っ赤。
寝不足からクマがとんでもないことに。

こんな時にはコンシーラーが役に立ちます。

コンシーラーは、目元のクマを一時的に隠すことができる、つまりカバーできますからね。

ただし、花粉症時のコンシーラーは少し注意が必要です。

その理由は、目の周辺をこすりすぎると炎症を起こしてしまいます。
炎症している部分にコンシーラーを塗ってしまうと、赤みを悪化させてしまう原因となりますので注意が必要です。

 

さらにコンシーラを塗る際には、必ず目元に摩擦を与えています。
ですので花粉症だからといって、毎日コンシーラーを目元に塗っている方は茶クマを悪化させてしまうのです。

そもそもコンシーラーを塗ること自体、目元に摩擦を与えています。
ですので毎朝、コンシーラーを塗るのがマスト。
という方は気をつけてくださいね。

ただし!!

一時的にクマを隠すのであればコンシーラーは非常に優秀な化粧品です。
大事な時にコンシーラーは非常に強い味方となってくれます。
逆を言えば大事な時以外は控えるようにしましょう。

強力なカバー力を誇るコンシーラーは、こちらの記事で紹介しています。

【コンシーラースティックタイプのおすすめ】強力なカバー力でクマを隠す!ヒットアイテムはこれ

対策は目元に潤いを

kahun 目のクマは花粉症で悪化すると言われる真実!原因と対策を覚えておこう!

先程から説明しているように、花粉症でできてしまう目のクマは、主に摩擦が原因です。

ですが「花粉症なのに目をかくな!」というのは余りにも酷だと思います。
目をこするの我慢しているあなたの表情は、おそらくあなたは鬼のような形相をしているでしょう。(笑)

ですので、少しぐらい目をこすっても良いように潤いを与えておきましょう。
つまり目元の乾燥対策をしておくということです。

目元に潤いがあれば目元に与える摩擦を軽減させることができます。

そのような場合は化粧水や保湿液でもなく、一番のオススメは目元クリーム(アイクリーム)です。

なぜ目元の潤い対策にアイクリームがオススメか

kahun 目のクマは花粉症で悪化すると言われる真実!原因と対策を覚えておこう!

目元の乾燥対策といえば美容クリームや、化粧水などが思い浮かぶと思います。

ではなぜそれよりもアイクリームがオススメなのでしょうか。

その理由は、保湿だけではなく脂分を補充することもでき、さらに目のクマに対しても直接アプローチすることができるからです。

たとえば、

  • 化粧水で保湿したとしても、こすりすぎによる色素沈着を落とす作用はありません。
  • 美容クリームで脂分を補充したとしても、色素沈着を落とすことができません。

つまり、いくら摩擦を軽減しても目のクマに直接アプローチすることができないからです。

要チェック!
  • 保湿
  • 脂分
  • クマのケア

花粉症による目のクマを対策するには、上記のものをすべて含んでいるアイクリームでないといけないのです。

花粉症にはどのアイクリームを選ぶべきか

アイクリームを選ぶと言っても、いろいろな種類がありどれを選んだらよいか分りませんね。
特に花粉症に効くアイクリームなんて角度で紹介されているものはありませんし。(笑)

ではあなたに合ったアイクリームの選び方を紹介しますね。

  • サラサラと伸びの良いみずみずしいアイクリームはメモリッチ
  • 脂分が多め吸着力がよく目のクマにピンポイントで効くアイクリームはアイキララ

 

いろいろアイクリームがありますが、当サイトの管理人が使用しているアイクリームで一番効果のある2商品です。

そして実際に使用しているいる中で花粉症に最適なものを紹介しました。

 

メモリッチはみずみずしいので、こすりすぎにより失われた水分を十分に補充してくれます。

アイキララは吸着力が非常に高いので、ピンポイントで目のクマに作用し、脂分が多いので摩擦を軽減してくれます。

 

どちらも共通して言えることは、目のクマには非常に効果的だということです。

 

要チェック!

今はあなたの目元が花粉症により水分を失っている状態であればメモリッチ

目の周辺をこすりすぎてヒリヒリする、気づいたら茶クマができていたのであればアイキララ

このように選ぶと非常に効果的です♪

 

アイキララとメモリッチの潤いや吸着力を比較するとこんな感じです。

kahun 目のクマは花粉症で悪化すると言われる真実!原因と対策を覚えておこう!

※当サイトの管理人は長年目のクマに悩まされ、上記2本のアイクリームにたどり着きました。
参考になれば幸いです♪

 

もちろん、高品質なアイクリームはたくさん存在します。

メモリッチとアイキララは管理人が愛用していて非常にオススメできるので紹介したのですが、まだまだアイクリームが見たいという方はこちらでたくさんのアイクリームを比較していますのでこちらをご参考ください。

【症状別】目のクマを消すおすすめの目元クリーム決定版!色素沈着もこれでOK!