mebukuro-a2-e1528806807602 まだ知らないの?【目袋・涙袋のシワと黒クマ解消法】原因を知って効果的なケアをしよう

20代前半に結婚し、今では子供は無事に成人。
子育てを終えた「現在46歳の主婦 サトミ」がいます。

ある時同窓会のお誘いの手紙がポストに。

よし。子供も自立したから久々に行ってみようかしら。

今までは子供や夫に時間を費やしていたため、自由な時間が限られていましたが、今では自由な時間をとることができるようになっていたので参加を決意。

そして同窓会当日。

そこには目の前には懐かしい友人の姿があります。

友人はサトミに大きく手をふり、笑顔で近づいてきました。

 

mebukuro-a2-e1528806807602 まだ知らないの?【目袋・涙袋のシワと黒クマ解消法】原因を知って効果的なケアをしよう

 

その友人はサトミを見つけるやいなや第一声が

老けたねー。

でした。

いやいや、かける言葉はもっとあるでしょう。

と少し不快に思いましたが、それと同時に深く傷つきました。
なぜそのようなことを言われてしまったのか。

 

すぐさまトイレに駆け付け、自分の姿が映った鏡を見てみます。

 

mebukuro-a2-e1528806807602 まだ知らないの?【目袋・涙袋のシワと黒クマ解消法】原因を知って効果的なケアをしよう

するとどうでしょう。

トイレの鏡はいつも使い慣れたお家の鏡とは違うため、全く印象が違う自分が映っています。

自分の顔をよーく見てみると、しっかりと明るく照らされたサトミの目元はとても46歳に見えるものではなかったのです。

あんなにハリのあった涙袋はなくなり、その下には太い筋が入り垂れ下がり、 さらには目元には小じわ、小じわが密集してくすみくすんでいる。

 

さらには垂れ下がった目元により、黒くクマのようになっている。

 

今までは自宅の暗い部屋で自分の顔を見ていたため、細かな変化に気づくことはできませんでした。

しかしトイレで改めて自分の顔を見たことによって、第三者が見るような感覚で自分の顔を見ることができたのです

改めて自分の加齢を感じた一日と同時に、加齢は目元に出ると確信しました。

 

要チェック!

さて、加齢により目元が垂れ下がり、小じわの密集によりくすんでいるように黒くなってしまっている。いわゆる黒クマを治すことはできるでしょうか?

結論から言えば黒クマは簡単に改善する事ができます。

 

その方法を詳しく解説していきますね。

 

涙袋と目袋の違いを理解しよう!

先程の主婦、サトミは加齢により目元が垂れ下がってしまいました

ですが涙袋とはチャームポイントの一種ですよね。

では、涙袋があると将来的には目元が垂れ下がってしまうのか?

答えはNOです。

涙袋は筋肉のため、基本的に垂れ下がることはありません。衰えて涙袋が消えることはありますが。。。

目元が垂れ下がるのは、涙袋より下の脂肪が垂れ下がってしまっているのです。

 

もう少し正確に言うと、目元が線状にくぼんでしまいその内側が膨らんで見えてしまいます。

それを目袋といいます。

mebukuro-a2-e1528806807602 まだ知らないの?【目袋・涙袋のシワと黒クマ解消法】原因を知って効果的なケアをしよう

 

ポイント実際には涙袋が垂れ下がっているわけではないので、ここは間違えないようにしてくださいね。

涙袋は垂れ下がるものではなく、筋肉の衰えにより消えるものです。

涙袋が垂れ下がってしまっているように見えるのは、加齢により涙袋の筋力が落ちて「ぷっくり感」がなくなっているからです。

加齢により「ぷっくり感」がなくなると同時に、目元の脂肪が垂れ下がる(目袋ができる)ことによって、涙袋が垂れ下がってしまうように見えるのです。

ですから、涙袋があったとしても加齢により垂れ下がることはないのでご安心ください。

 

目袋ができていたのを、涙袋が垂れ下がったと勘違いしやすいので気を付けてくださいね!

涙袋と目袋にシワができる原因

涙袋の場合

涙袋は基本的に筋肉でできています。
そのため若い頃は筋力や肌に水分があるため、シワができることはありません。

ですが加齢と共に筋力や肌の水分が失われていきます。

その結果、涙袋にシワができてしまうのです。

涙袋は筋力なので、表情筋のエクササイズや目元クリームで簡単に改善する事が可能です。

目袋の場合

目袋は加齢と共に必ずできてしまうもの

筋肉でできている涙袋と違い、目袋は脂肪なので、目元にある脂肪の位置を維持する事ができません

脂肪が垂れ下がってしまう状態が、いわゆる目元のたるみです。

たるんだ部分、つまり脂肪のカタマリ部分(目袋)はハリはありませんので、シワができやすい状態となっているのです。

さらには加齢と共に水分もないので、それも相まって目袋にはシワができやすいということになるんですね。

目袋を改善するには脂肪が垂れ下がってしまったくぼみ部分にヒアルロン酸を注入する方法が一般的です。

 

詳しくは後述します。

 

要チェック!
  • 筋肉が落ちた涙袋
  • 目袋

の部分は、基本的にシワになりやすいので気を付けましょう!

目袋はシワができやすい!負担をかけてしまう3つの行為

目袋は、涙袋と違い「垂れ下がった脂肪の塊なのでハリが無い」と言うことはお分かりいただけたでしょうか。

ここで思い出して欲しいのは、たとえ涙袋は筋肉でハリを失いにくいといっても、手入れをしていかなければ涙袋でさえシワの原因になるということ。

それも踏まえて話を聞いてください。

目袋は基本的にシワができやすい傾向にあります。
それは先程も説明したハリのなさや、脂肪が原因です。

 

目袋は加齢と共にできてしまう現象なので、どうしようもありません。

それに加え昨今はさらに目に負担をかけてしまい、目袋ができてしまう原因を加速させていることが増えています。

 

そもそもシワになりやすい目袋にさらに負担をかけることで、余計な小じわやくすみができてしまい、黒クマへと発展してしまうのです。

ここでは目に負担をかけてしまう行為について解説します。

負担その1 涙袋メイク

mebukuro-a2-e1528806807602 まだ知らないの?【目袋・涙袋のシワと黒クマ解消法】原因を知って効果的なケアをしよう

今流行の涙袋メイク。

これは目元にとって非常に大きな負担をかけています。

目元の皮膚は頬の皮膚などと比べ、約3分の1以下の薄さです。
それほどまでに薄い目元の皮膚に涙袋メイクを施すことによって、必要以上に負担をかけることにつながっています。

さらに負担がかかるときは涙袋メイクをする時だけではありません。

涙袋メイクを落とすときにも負担をかけています。

特に、涙袋にメイクをする時は念入りにお化粧する事でしょう。

それにより涙袋についたメイクが落ちにくい時があります。

そのような時はだれでもゴシゴシ洗ってしまうことでしょう。
そうなると必要以上に皮膚を傷付けてしまうのです。

注意

ゴシゴシ洗うことによって起きる弊害は肌に負担をかけるだけではありません。

肌に必要な皮脂も取れてしまうのです。

 

皮脂がなくなると肌の水分が失われ保湿ができなくなってしまい、乾燥を招きます。

目元が乾燥すると、肌がひび割れ状態に。。

 

そしてそこからしわやたるみの原因となり、それらが密集する事によって「目元が黒くなって見える黒クマ」につながってしまうのです。

 

さらにゴシゴシ洗うと目元に大きな摩擦を与えてしまい、色素沈着性の茶クマの原因となります。

継続的に目元に摩擦を与えていると、黒クマと茶クマの複合パターンを発症してしまう原因となってしまうので注意が必要です。

負担その2 笑顔

mebukuro-a2-e1528806807602 まだ知らないの?【目袋・涙袋のシワと黒クマ解消法】原因を知って効果的なケアをしよう

笑顔は人に良い印象を与える最高の表情です。

ですが、よく笑う方は目元を高い頻度で動かしています

目元を動かすと、当然ですがシワの原因となってしまうのです。

笑顔が重視されるお仕事に就いている方は、特に気を使って毎日ケアをしていかないと目元にシワがたくさんできてしまいます。

負担その3 紫外線のダメージ

mebukuro-a2-e1528806807602 まだ知らないの?【目袋・涙袋のシワと黒クマ解消法】原因を知って効果的なケアをしよう

紫外線による肌のダメージは計り知れないものがあります。

日頃紫外線のダメージをよく受けている方は、目元の皮膚が弱っており、シワやくすみができやすくなっています。

さらに紫外線を浴び続けると色素沈着による茶クマに発展してしまうこともありますのでご注意ください。

「目袋」があると黒クマまでもうすぐ

目袋は脂肪が垂れ下がるものだと説明しましたね。

つまり目袋があること自体よくないことなのです。

目袋はができている部分は

  • たるみ
  • 小じわ
  • たるみによる影
  • 弾力不足

が生じています。

 

これらが生じるとどうなるのでしょうか。
それは黒クマにつながる可能性が高いということです。

 

黒クマは

  • 小じわの密集
  • たるみによる影

によって目元が黒く見えてしまう症状です。

 

弾力が不足すればたるみもひどくなりますし、目袋と黒クマ、そして加齢は切っても切り離せない関係性にあるということになるんですね。

目袋や黒クマは早く治さないと一番の老け顔の原因に

mebukuro-a2-e1528806807602 まだ知らないの?【目袋・涙袋のシワと黒クマ解消法】原因を知って効果的なケアをしよう

目袋や黒クマは早く治さないといけません。
もちろんあなたが40代、そして50代でも。

なぜならば、目元の印象は相手に若々しさを伝える重要なポイントだからです。

目元がたるんでいればあなたの年齢より+10歳以上老けて見られていると言っても過言ではありません。

目元は相手に一番初めに与える印象でもあります。

冒頭で46歳のサトミが老けて見られたのも、この目元の印象のせいだったんですね。

例えば芸能人が、老人の特殊メイクを施すことってあるじゃないですか?

それはどこに一番気を使ってメイクしているか分りますか?

それは目元です。

年齢の操作をするには、目元が重要。ということを裏付ける証拠ですね。

関連記事>>>目元のたるみは老けて見られる一番の原因!目の皮膚が衰える理由はこれ

目袋や黒クマの解消法

基本的に目袋は、目元のハリを取り戻し、脂肪を元の位置まで押し上げることによって、解消する事ができます。

このことを踏まえながら、以下の解消法をお読みくださいね。

涙袋のエクササイズ【おすすめ度 Lv.2】

mebukuro-a2-e1528806807602 まだ知らないの?【目袋・涙袋のシワと黒クマ解消法】原因を知って効果的なケアをしよう

これは主に目袋ではなく、涙袋のハリを取り戻す作業となります。

上記では、涙袋は筋肉でできているとお話しましたね。
この筋力を取り戻すべく、涙袋の筋力をとり戻すエクササイズをするんです。

比較的誰でも簡単にいつでも行うことができますがそのお手軽さの反面、効果を実感するのに期間が少しかかってしまいます。

さらに、筋肉でできている涙袋にしか効果がなく、脂肪で構成されている目袋にはあまり効果が無いものだといえます。

もちろん涙袋の筋力を取り戻すだけでも、涙袋がよみがえるのでやっておいて損はありません。

病院でヒアルロン酸を注入し目元をリフトアップ【おすすめ度 Lv.3】

mebukuro-a2-e1528806807602 まだ知らないの?【目袋・涙袋のシワと黒クマ解消法】原因を知って効果的なケアをしよう

腕の確かなお医者さんにヒアルロン酸を目元に注入してもらうと、簡単に目元のくぼみをなくし、ハリのある目元になることができます。

もちろん「ヒアルロン酸を目元に注入してもあまり効果がなかった」という方も残念ながらいます。。。

その理由はその病院、その医者のスキルによって左右される部分があるからです。
腕の確かなお医者さんに」と言ったのはそのためです。

ですがしっかり目元のたるみをとるために、腕の確かなお医者さんを予約してヒアルロン酸を注入してもらうと、費用がかなりかかってしまいますので手軽に行うことは難しいです。

ただし、ヒアルロン酸注入は誰でも簡単にすぐに改善する事ができるというメリットがあります。

目元クリームで外からハリと保湿を【おすすめ度 Lv.5(MAX)】

mebukuro-a2-e1528806807602 まだ知らないの?【目袋・涙袋のシワと黒クマ解消法】原因を知って効果的なケアをしよう

目元のたるんだ部分にヒアルロン酸を注入すると、「簡単に垂れ下がった部分の目元のくぼみを補うことができる」と先ほど説明しました。
ですがそれは医者のあたり外れもありますし、費用もかさんでしまいます。

そんな時に効果があるのが目元クリームです。

 

要チェック!

目元クリームは目元専用に作られているため、

  • 保湿
  • 皮膚痩せ
  • 色素沈着の除去

を期待する事ができます。

 

注目すべきは目元クリームで皮膚痩せを改善する事ができるということです。

 

こちらもお読みください!皮膚痩せ改善で皮膚をぷっくりさせることができれば、目袋も徐々に改善していきます。

さらに目元クリームにはたっぷりとコラーゲンが含まれているため、皮膚痩せを効率よく改善できるんです!

 

目元クリームに関連する記事>>>【症状別】目のクマを消すおすすめの目元クリーム決定版!

自分でヒアルロン酸注入!目元シートでハリを【おすすめ度 Lv.5(MAX)】

mebukuro-a2-e1528806807602 まだ知らないの?【目袋・涙袋のシワと黒クマ解消法】原因を知って効果的なケアをしよう

先程は、ヒアルロン酸を目元に注入することで、目元のたるみを解消し、目元をリフトアップできるを説明しました。

ここで紹介するおすすめ度MAXの目袋解消方法は自分でヒアルロン酸を注入する方法です。

自分でと言っても、注射器で目元にグサッと刺すわけではありませんのでご安心ください(笑)

自分でヒアルロン酸を注入する方法としては、目元に専用のシートを貼るだけ

目元に貼ることで、シートについている針が目元にプスッと刺さるわけです。
刺さるといっても、痛いわけではなく違和感を覚える程度。

要チェック!

針も尖った金属の針を想像しているかもしれませんが、ヒアルロン酸をマイクロ単位の小ささにして針状にしたものです。

針状になったヒアルロン酸が目元の皮膚に刺さり皮膚の中で溶け、ヒアルロン酸が目元の内部に浸透するという仕組みです。

 

便利な世の中になったものですね!

お医者さんにいかずに、自分で目元にヒアルロン酸を注入することができるようになったのですから(笑)

針タイプの目元シートでおすすめなのはやはりヒアロディープパッチ

このシートが信頼できる理由としては効果を測定する試験も受けており、さらに医学誌にも掲載されている実績があります。
そして、ヒアロディープパッチは上場企業が製造開発しているので、変なメーカーから購入するよりもかなり安心できます。

さらにヒアロディープパッチの製造会社は、管理人も使用している目元のクマ消しクリーム「アイキララ」も製造しています。

ここ重要!!!目元シート(ヒアロディープパッチ)を使う際は、同時に保湿をしないといけませんので、アイキララ(目元クリーム)で保湿をすれば目元対策において怖いものはありません。

 

基本的に目元ケアに関しては、こちらが開発製造している商品を使っておけば間違いありませんよ!

関連記事

 

目袋と涙袋のシワ、黒クマ対策はこれ!

もうすでにお気づきかもしれませんが、目袋と涙袋のシワそして黒クマ対策には目元クリームと目元シートを同時に使用する事が1番効果的です。

その理由は、

  • 目元クリームで外部から皮膚痩せ対策・保湿
  • 目元テープで内側にヒアルロン酸を注入

こうする事によって目袋ができてしまった原因や目元の乾燥によるシワやくすみなどを完璧に除去する事ができるからです。

 

人間はどれだけ美しくても、年齢に勝つことはできません。

例え芸能人でもです。

 

芸能人があれだけの美貌を保てるのは、莫大な費用を紹介制でしか出会えない腕の良いお医者さんに手入れをしてもらっているからです。

もちろん美容効果を求めるのであればそれが1番良いのですが、一般人の私たちには到底できる事ではありません。

 

私たちの生活範囲の中で一番効果的な目元対策が目元クリームと目元テープによるヒアルロン酸注入なのです。

 

40代を過ぎても遅すぎることはありません。

 

mebukuro-a2-e1528806807602 まだ知らないの?【目袋・涙袋のシワと黒クマ解消法】原因を知って効果的なケアをしよう

今まで目元の手入れをさぼっていた方も、今からでも取り戻すことができます。

なぜなら、あなたは普通の方ではあまり知ることのできない目元クリームと目元テープという最強の組み合わせを知ったのですから。

 

エクササイズや規則正しい生活も良いのですが、やはり時間がかかりすぎてしまいます。

さらにエクササイズだけでは肌に重要な成分を補うことはできません

目元のケアをするのであれば、目元クリームと目元テープで合理的に若返りをしてみませんか?

 

次のページはコチラ

目元クリームと目元シートの人気ランキングを確認したい方はコチラからご確認ください♪